HOME > biography

折重由美子 biography

2才でピアノを始める。中学、高校時代でバンド活動に目覚める。
高校卒業と同時にカワイ音楽広島で講師を務めるかたわら、音楽理論を学びドリマトーン全国大会で銅賞に入賞し最上級のグレードを取得。
その後、国内国外のトップミュージシャンと数多くの共演を展開。
生演奏の他、テレビ&ラジオのテーマソングやCMソングなども作曲・編曲・演奏等で数多く手掛けている。
1999年には癒しをコンセプトとした自己のバンド「こゆみこ」を立ち上げ、現在までに「こゆみこ」としては5枚のCDアルバムをリリース。それぞれ、全国ツアーを大成功に終える。
又、数々のアーティストのライブサポート、レコーディング分野では作曲、アレンジ、演奏等で参加。
そして、日本では珍しいとされる楽器「クラビオーラ」(木管鍵盤ハーモニカ)奏者としても各界から注目を浴びている。

2008年7月
ギタリスト:吉田次郎氏プロデュースのもと、ニューヨークでレコーディングを終えたCD「Perpetual Dream」を全国リリース。

2012年10月
おやすみ前の“音浴”をテーマとしたミニアルバムシリーズCD「Good SleepⅠ・Ⅱ」を2枚同時リリース。

2014年3月
音楽生活30周年記念CD「カスミソウ」をリリース。コンサートを東京、大阪、広島で開催。
6月
CD「Claviola Wind~幻の風の音~」 全国のCDレンタルショップGEOにてレンタル開始&楽天にて販売&ハイレゾ配信という形でリリース。

2015年6月
女性のみのジャズユニット【JAZZ LADY PROJECT】に参加しCD「Girl Talk」をリリース。
7月
京都縦貫道全線開通記念ということで、京都府京丹波町イメージソングを制作、発表。
同月
童謡・唱歌CD「FURUSATO」をリリース。

2016年3月
フォトブック付きCD「花心」リリース。

2016年9月
FUJITSU BATTERIESイメージサウンドCD「風の贈り物~Save The Earth」ユニバーサルミュージックよりメジャーリリース。


Yumiko Orishige’s Profile(English)

Started playing the piano at the age of 2. Found an interest in musical band activities in the high school student days. After finishing high school, worked at KAWAI Music School as an instructress and studied music theories. Received the third prize at the All Japan Dreamatone Contest. And soon got the highest grade of the instrument, Dreamatone.

Later, co-star with many domestic and foreign top-musicians. Not only play in live concerts, but also compose, arrange and play theme songs and CM songs on TV and radio.
In 1999, organized own band “koyumiko” with a concept of healing, released 5 albums, and finished All Japan Tours with big success. Also, support many artists’ live concerts, and join in recording fields actively by composition, arrangement and performance. Moreover, attract as a player of claviola—the keyboard harmonica, one of unknown instruments in Japan.

In July of 2008, finished recording in New York; that was produced by Jiro Yoshida, a guitarist, and released a CD “Perpetual Dream” all over Japan.

In October of 2012, released a series of mini albums “Good Sleep Ⅰ and Ⅱ” as the theme of “On-yoku—sound sleep” before falling asleep.

In March of 2014, released a CD "Kasumiso" as the 30th anniversary of music life. And held the concerts in Tokyo, Osaka and Hiroshima.
In June of the same year, started renting a CD "Claviola Wind~the Sound of Illusional Wind~" at Rental Shops GEO all parts of Japan, selling the CD by Rakuten, and releasing it by download of high-resolution.

In June of 2015, participated in a jazz unit "JAZZ LADY PROJECT" organized by only women and released a CD "Girl Talk".
In July of the same year, made and presented a song that communicates Kyoutanba-town in Kyoto Prefecture as commemoration of opening Kyoto Longitudinal Expressway. In the same month, released a CD "FURUSATO", which is a song for children and also one authorized by the Ministry of Education.

In March of 2016, released a CD "Hana-Gokoro" with a photo booklet.

In September of 2016, as the sound communicated FUJITSU BATTERIES, majorly released a CD "Kaze-no-OkurimonoーSave The Earth".




●主な作品

タナカのふりかけCMソング&イメージソング
トモ鉄ランド(開運大地の扉・マンホールソング)
ファスレ(イメージソング)
ホワイティ(イメージソング)
スカイ(イメージソング)
NTT DoCoMo携帯着メロ‘2004’ X’mas(バージョン)
ミクロリズム(広島ガス イメージソング)
Save The World (広島ガス イメージソング)
光のRing (広島ガス イメージビデオ挿入歌)
あかね色のバロック(三次ワイナリー イメージソング)
ぱくぱくキッズ(RCC番組テーマソング)
どっこい神田の日めくりテレビ(TSS番組テーマソング)
研創(社歌)
新庄みそ(社歌)
シンコー(社歌)
豆菓子あられの石川(CMソング)
デイリンク(CMソング)
安芸矢野ニュータウン(CMソング)
かなぎウエスタンライディングパーク(CMソング)
ピックアップ(CMソング)
ラッキーホワイト(CMソング)
パニーカード(CMソング)
LPガス(CMソング)
鴎州ハイスクール(CMソング)
サンコーサプライ(CMソング)
FM山陰「鳥取ガス・フォーエバー・アイランド」(挿入曲)
RCCラジオ「ドドーンと満員御礼」(挿入曲) 
あさつゆ(京都縦貫道全線開通記念・京都府京丹波町イメージソング)
希望の花〜ローズマインドソング〜(福山市市制施行100周年記念協賛事業)
風の贈り物〜Save The Earth〜(FUJITSU BATTERIESイメージサウンド)
     
etc・・・他多数。

幻の楽器 クラビオーラ/claviola

IMG_4146.JPG

ドイツのHOHNER社製、現在では製造も販売もされてない、鍵盤ハーモニカの仲間でもある木管楽器。
日本で現存するクラビオーラはわずか数台と言われ、実際にメインでライブやレコーディングで使用出来る楽器は折重由美子が持つ二台だけと思われる。

湿気や温度差に弱い為、毎回メンテナンスをしながら、ライブに臨んでいる。
クラビオーラをメインでライブ演奏やCD製作をしているのは、「折重由美子」だけであり、世界的にも大変希少である。